RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
我が家の伝説
この間行った温泉キャンプでの出来事。

9時くらいに到着し、テントを建てて、暗くなった10時過ぎに家族全員でお風呂に行きました。

ワタクシとぶーちゃんはビールを飲みながらお湯に浸かってたんですが、

しばらくして

「うー#$%**&^^%」

という動物の低いうなり声のようなものが聞こえてきたんだけど、一瞬のうちに

「あ〜、ぶーちゃんがゲップしてんな。しかしこのゲップは長いよな。動物かと思った。」

と納得した瞬間に

ボン「うわ〜動物がおる。すぐ横におる!」

とパニック状態。

ワタクシ「はぁ?パパのゲップやろ?」

ぶー「いや、ボンが目が光ってるのが見えたって言ってるし、何か気配を感じる。」

ワタクシ「はぁ?何言ってんの。あんたのゲップじゃ。私かって一瞬動物かと思ったんやから。自分のゲップの音くらいちゃんと覚えろ!」

オカン様「動物の目が光ってるのなんか見えへんわ。」

そうしておじょうは4人で騒いでいる間も相変わらずマイペースにお湯の中で水泳中。

当の本人ぶーちゃんは「ゲップしたけど、そんなにひどかったか?」と否認しつつも

「すごい音やったわ!動物と勘違いしても仕方がない!」

といわれ罪を認めていた。
ゲップしたら”ごめん”とか断り入れなアカンの!マナー知らんのかよ!

我が家の男群は思い込みが激しく、緊急事態に対してはパニックになりやすい。
女の方が本来、肝が据わってるってのはよく聞くけどな。

ちなみにぶーちゃん、オカン様がいるというのにマッパで温泉入りしていました。


人気ブログランキングこの小話が気に入っていただけたらお願いします!!
author:みん, category:笑い話, 03:32
comments(2), trackbacks(0), - -
勘違い?
 連続で記事を投稿するときもあれば、面倒になって更新を滞らせてしまうワタクシ。

その間にまた1つ年を取ったワタクシ。

ぶーちゃんのカードには

「日本で1万円以内で好きなものを買ってください。」

おじょうからは

「2●?3●?
3●才になったね!

と(もちろん日本語で)書いてあったのがとても面白かったので直筆カードを華々しく載せてあげようかと思いましたが

めんどくさい。

ぶーちゃんのカードに対しては

「1万円では無理。その10倍は行くね、オホホ。」

とびびらせておいた。

そうして最近風邪気味のぶーちゃん。早め(というか午後5時)に寝てしまったので子供と3人。

なぜかしりとりをすることになりました。

私の番「ま」

なので、マンホール!

というと

ボンがびっくり動揺して、

もしかして、もしかして、それってこれのこと?

と自分のおしりを指差していた…。

マンホール、マン ホールでそう来るか!

かーちゃんの方がびっくりだわさ。

和製英語か?

説明すると、あ〜、それか!と納得していた。

辞書で調べるとmaintenance hatchとも書いてたけども、manholeもあったけどな〜。


人気ブログランキングこの小話が気に入っていただけたらお願いします!!
author:みん, category:笑い話, 15:56
comments(0), trackbacks(0), - -
外国語
今週末はおじょうの5歳の誕生日をするんです。

それで遠方の友達(S市に呼び出しするのさ)にはメールで、近所の友達には電話をして誘っています。

先日友達の家に電話をしたら、留守電でした。

子供の声で入ってあり、最初はフランス語で、次は英語でのアナウンス。

その家のお嬢さんはフレンチイマージョンに行っているので

「はぁ〜さすがだね!」

と思って日本語でメッセージを入れておきました。

が、2日経っても連絡がない。

あれ〜?

と思っていた頃に本人に偶然街であったので

「留守電聞いてくれましたか?」

と聞くと

何?何の話?

「留守電のアナウンスが英仏だったんでぜったいNさんの家だと思って、長々と日本語でメッセージを入れましたよ!」

え〜!そうなの!多分番号間違えてかけたんじゃない?

そういうわけで間違い電話した上に、

わけのわからん言語(日本語)でメッセージを入れられて

どこのどなたかは存じませんが

かたじけない!

という出来事がありました。

日本でいうと、ペルシャ語でメッセージが入ってたってくらいの感じかな。

バンクーバーでは日本人も多いし、以前友達の携帯電話にかけたら、すでに友達が別の人に電話を引継ぎしていて、

その引継いだ人も日本人

ってこともありました。

それに引き換えここは移民もいるけども、インド人が多いくらいでアジア人はあまりおらず

私は気が付かなかったんだけども、家の購入手続きの最終段階で、不動産屋と話をしていた時に

ワタクシがその英語での説明を良くわかってないと気が付いたぶーちゃんが、日本語で説明していたら

その不動産会社が

「フッ、何よ。いばっちゃって。」

のような雰囲気をだしていた。

ってぶーちゃんが言ってました。

バンクーバーでは何回もこんな場面があったけども、あんな表情されたことない。

まるで、日本みたいな感じと言ってました。←ぶーちゃんが日本で英語圏仲間と英語でワイワイ騒いでいると日本人にシラっとした目で見られる感覚らしい。

どっちにしても、威張っちゃってとか不動産会社に思われようが

家を買うのにどんだけ金を使うと思ってるねん!だから移民の奥さんが説明をわかってなかったらちゃんと日本語で説明して当たり前だろうが!

と思った。

人気ブログランキングこの小話が気に入っていただけたらお願いします!!
author:みん, category:笑い話, 15:45
comments(2), trackbacks(0), - -
かぐや姫
ワタクシ、縮毛矯正をしてみました。お値段はキャンペーン価格でバンクーバでするよりもお安かったです。

そして家に帰るとオカン様

「うわ〜。なんかかぐや姫みたいにかわいくなったなぁ。

…。

ワタクシ、小さいころから悪さをするときはいつもほかの家庭以上に怒られていましたが、幼少期の無条件にかわいがる時期を過ぎても

「かわいい、かわいい。」

と言われ続けて大人になった変なムスメなんです!父親の場合はよくあるそうなんだけど。

でもかぐや姫って…、いつの時代ですかね?

これはそんな星の元に生まれたせいなんかな。実家では母に、結婚してもオットに、バカの一つ覚えのように「かわいい、かわいい」といわれるところ。

むっちゃ標準なんですけど!

オトウトがぼそっと

「おねぇもいつまでも大変やなぁ。自分の娘はかわいく見えるのはわからんでもないが…。とは言っても、かぐや姫やったら現代では大したことないからな。ほっとき。」

おぉわがオトウトよ。辛口発言でもあんたの言うことはいつも正しいよ。

人気ブログランキングこの小話が気に入っていただけたらお願いします!!
-----
author:みん, category:笑い話, 00:44
comments(0), trackbacks(0), - -
巨大児


この間の家族パーティの席で話題に上ったこと。

ボンとおじょうの背が高い

ってことなんです。確かにそうかもしれません。先日モールのエレベーターの中で同じく子連れの人とスモールトークをして

「子供さん何歳?」
「この子は4歳でこっちは来月2歳です。」
「うわー。大きいねぇ。お父さん大きいもんなぁ。」

というのもありました。

ボンなんて下手したら「グレード1?」この知能でありえへんわ。

「みんみんも背が高いもんなぁ。」

集まったのは大体私のお母さんくらいの年齢の人たち。

「普通ですけどねぇ。」
「でも日本人にしては高いでしょ?」

ワタクシ160センチ、平均です。

お年のせいもあって「日本人は背が低い」って思ってんのやろね。

飛行機の中でもカナダ人に同じように子供の身長について聞かれて、ぶーちゃんの背が高いことを言ったら
「それにあなただって日本人にしては高いじゃない?」

日本人にしてはとはなんじゃい?

きっとこれは昔の固定観念のせい。

クロブチめがねもしてないし、出っ歯でもない、カメラも首から下げてへんわ。

そしてみなさんに

「最近の若い子は背が高い人がたくさんいるよ。」

とぶーちゃんとワタクシの力説(←何で?)で

「そうなんやぁ。」

と皆さん納得。

そこでぶーちゃんの姪っ子マリー

「でも…、やっぱり高すぎやから一度医者に見せてもらった方が…。」

ひょえ〜、大爆笑ですわ。

この家族、やっぱりおとぼけの入った大真面目な血筋なのね。

-----
author:みん, category:笑い話, 16:27
comments(0), trackbacks(0), - -
ハロウィーン
今日はハロウィーンですねぇ。そんなこととは関係なく…日曜日はいつも7時半に起きて8時22分くらいのバスに乗って9時15分からのエアロビのクラスに行ってるんです。

今日も8時20分前にバス停に着いて待ってたんです。

待てど待てど来ないバス…。
もしかしていつもより早く来たのか?でも5分も早く着てるのになぁ…。

と待つことなんと30分。

どうしようもないので近所のバスターミナルのロンズデール・キー行きのバスに乗って、そこで乗り換えることにしたんです。

ちょうど乗り継ぎのバスが来たので乗ったら…、こちらのバスって乗降するドアが前後にあり、前から乗って料金を先払いし、後ろから下りるんですが(前のドアから降りてもいいみたいです)

後ろのドアが開いたり開いたり、ガタガタ鳴ってるんです。

運転手「みんなごめーん。壊れてるからいつ発車できるかわからへんわ。」

…。何がソーリー、フォークスじゃ?それからバス会社の人がやってきたりとしていました。歩いて家に帰りました。

何で?何?このバス会社は?と坂を上りながら怒り心頭に達しましたよ。

「これは今日は出かけるなという神からのお告げか?」

と思ったんだけども…、そこで

「カナダってこんなことばっかりあるからヨガとかアロマセラピーとかそういうスピリチュアルなものがはやるんちゃうのかい!!で、いやな目にあったらこれは私のカルマのせいです、とかこれは私の潜在意識で…とかこじつけてるんちゃうかね?そうでもないとやっていかれへんわ!!」

ってなかなか的確な分析かも…と思いつつ家に帰ったんです。

ぶーちゃんにこの怒りをぶつけてたら

「それはバス会社に電話しなあかんわ。僕が電話してあげるわ。」

って一緒に怒ってたら…。

もう北米にお住まいの人は気がついたと思うんですが…

サマータイムが終わっただけだったんですわ。今日の午前2時から1時間遅れてるんです。

だから7時半におきたと思ったけど、本当は6時半だったんです。

おーほほほ。怒ってごめんね、カナダ。

-----
author:みん, category:笑い話, 15:55
comments(2), trackbacks(0), - -
大うそつき
今日は行ってらっしゃいパーティがあるはずだったんですが…、体調が悪い人がいるのでなくなりました。それも2時過ぎに連絡がきましたわ(4時開始予定だった)。

そういうわけで一人で買い物に行ってきました。買い物って言っても実は私の化粧品。そうそうあそこの免税店です、巨泉のお店のすぐ近く。今回は子供を二人連れてるので多分空港の免税店で買い物できへんなぁと思って。

そうしたらメイク・アップ・アーティストが来てるとかでやってもらいました。とは言ってもファンデーションの色を見てもらいたかっただけで…。

係りの人はもちろん日本人で、そのメイクをしてくれた人はカナダ人。

係りの人と話していたら(もちろん日本語)
「まぁ、あなたお勉強で忙しいかもしれないけど、お肌のお手入れここら辺にもっと重点置いた方がいいわよ。」
などなど親切に教えてもらったりしました。

「まぁね、こちらの大学の勉強は大変だろうけどね。」

え?ワタクシを留学生と思ってる?

それでお会計の時に、免税店の入店カードみたいなのを見せたら

「あっ、やっぱりハーフなの?そうよねぇ、ちょっと彫りが深いなぁって思ってたの。それにしても日本語お上手ね。」

…、ま、英語がヘタねって言われるよりエエか。ちなみに苗字が外国姓だからです。

いや、ここでカナダ人と結婚したと言うべきか、いやそうするとまた根掘り葉掘り聞かれる…。

「はぁ〜。」

とおばちゃんの発言を認めるような間抜けな返事をしてしまいました。
わかんないわかんない。どうしてなのか〜?
-----
author:みん, category:笑い話, 06:30
comments(0), trackbacks(0), - -