RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
ダジャレ
また日にちが空いてしまいましたが
その間にまたユーザー名とパスワードを忘れてしまっていた…。
この年齢を重ねるごとに衰える記憶力、なんとかなりませんかね?
昔は、自慢じゃないけども「超」が付くほど記憶力が良かったのでかなりショック。昔覚えたことは今でもだいたいは覚えているんですが、日々この能力の低下を感じています。

そんなことはさておき、この間おじょうが

「ママ!このジョーク分かる?」

はぁ?

「What do you call a bear without an ear?」

それは簡単、蜂(ビー: bee)やろ?bear から ear を引いて「B」になるから。

「アハ。そうそう。じゃあこれは?There are three types of people in the world. Type 1: people who can count. Type 2: people who can't count!…面白いやろ!?ガハハハ」

なんかバカ受けしてますねん。
何が面白いんですか?

で、3つ目のタイプの人はどんな人なんですか?

「だーかーらー、3人目は私やんか!There are three types of people in the world. Type 1: people who can count. Type 2: people who can't count!やんか!わははははー」

さっぱりわからん。どういことなんですか?

と説明してもらうと。

私(出題者)は数字を数えられないので、世の中では数字を数えられるか、数えられないかという2タイプの人間しかいないのに、3タイプあると主張している。おっかしいでしょ?ということらしい。

だから世の中にはその2つの種類しかおらんやろ?ま、数えるのが苦手な人を別の枠にぶち込むと3つになるけど、ここではそうじゃないし。

というよくわからないジョークだった。
全然面白くないんですけど。
何?英語圏の人しか面白くない?

昔懐かし「藤崎マーケット」のララライ体操を見て爆笑しているワタクシを見て、素の顔のぶーちゃんに「面白くないの?」と聞いたらぶーちゃんが「なかなか良いリズム感だと思うよ」と普通に返事してたのと同じなのかも。

そんな話をボンにしていたら、ママ、これ分かる?と書き出したのが以下のもの。

 
 










こんなのカンタン。Fe は鉄(iron)だから

Iron in E で Irony(皮肉)やろ?というと

ボン「そうやねんけど、これはジョークやから綴りは Ironineeeeじゃなくて発音で書くと Irinee や!」

とか、覚えてないんですが(パスワード忘れたのでだいぶ前の話のため、トホ)、とりあえずワタクシとボンで揉めていたら

おじょう「二人とも分かったからさ!とにかくこういうことやろ!」

と提示したのが下記のイラストだった。





笑うしかないわな…。
素晴らしい仲介役の娘がいて幸せだと思う。


人気ブログランキングこの小話が気に入っていただけたらお願いします!!
 
author:みん, category:子供の英語・カナダの教育, 03:53
comments(0), trackbacks(0), - -
子供の不思議
この間、日本語でオンラインサーフィンしていると、おじょうがやってきて、画面を見て

「ママってすごいよねー!」

はぁ?

「どうやってそんないっぱい漢字覚えるの?すごいすごい!私そんなに漢字覚えられへん!ママってこれ全部読めるんやろ?すごい、すごい!」

と感動していた。

親からすると「あんたは英語の発音が完璧できてすごい。絶対母ちゃん無理、無理」ってのと同じかもしれません。

どこかで書いたかもしれませんが、ボンがピアノの楽典を勉強しているときに質問してきたので

「ママはそんなん分からん。知らん。ママに聞くのが間違いやな」

とふんぞり返っていると

「なんで!あんなにいっぱい漢字が書けるのに、ママは賢いはずやのに、なんで分からんのか?」

とびっくりされた。

漢字が書ける=すごい、

というのはいとも単細胞的な考え方で「そりゃちゃうわ」かも知れない。けどもワタクシは子供に

「何で英語がそんなにへたくそなの?」
とか
「ママは英語ができないよね」

と冗談でも一度も言われた事がない。それを子供に聞いても

「だって、ママは日本人やろ?だから日本語やん。俺の友達は日本語できへんで。」

こうやって親が日本語を教える事で親を尊敬できる要素となるからいいかもしれないね。



人気ブログランキングこの小話が気に入っていただけたらお願いします!!
author:みん, category:子供の英語・カナダの教育, 15:58
comments(2), trackbacks(0), - -
成績表
もう12月。あっという間に1月になってそうな気が。

この間成績表が出たのですが、その前にセカンダリーから家に手紙が来たんです。
「お宅の息子さん、英語の成績が38%、このままだと単位落とします」
だって。

ボンに聞くと

「ママー、38%どころじゃないよ。今29%!すごいやろ?」


そこで威張るか?

理由を聞くと、今は詩や俳句をやっているらしく、それが嫌いで課題を出してないらしい。一応ぶーちゃんがつきっきりで勉強を見て、課題を提出して、無事に68%まで復活しました。成績表は C+だった。

そうして、次の成績表で元に戻らんかったらフレンチイマージョンはやめてまえー。

と一応言っておいた。

まぁ親がギャーギャー言ったところで、この年になるとどうしようもないとはわかってるけどね。別にええねんけど。

それで、個人懇談で英語の先生と話をして

「うちの子、やっぱり英語が弱いんですかね?」

と聞くと

「いやー。ぜんぜん。上手に文章を書いてるけど、俳句とか詩とかそういうのが苦手な子がいるんですわ。で、息子さんの悪いところは頑張って課題を出さないってところですかね?」


ようするに、そういうことなんだわ。

で、フランス語の先生と話を少ししたんですが、先生はバンクーバー生まれで、今ではフレンチイマージョンで教えてる先生なわけで、ようするにバイリンガルなんです。

ほんまにボンがフランス語ができるのか知らんけど成績だけ見るとまったく問題がなかったんですが、先ほどの英語の成績のことを小話していたら

「そんなねー、お母さん、あんなに難しい日本語もちゃんと読み書きできて、フランス語もできたら、英語なんて簡単ですよ!なーんも心配ありませんよ。英語なんて簡単!」

ほんまかいな。日本語はバッチリなのに、どうしていつまでたってもワタクシは英語が大してできんのかと思う。



人気ブログランキングこの小話が気に入っていただけたらお願いします!!
author:みん, category:子供の英語・カナダの教育, 09:02
comments(0), trackbacks(0), - -
外と内の違い
というのはボンの生活態度です。

先学期の通知表なのですが、学力的なものは置いておいて、学校生活における評価が

A+(優)

だったので、首を傾げてしまったワタクシ。

それで面談の時に、先生にご質問は?と聞かれたので

「この生活態度が優なのはどういうことなんですかね?ちょっと信じがたいです。」

先生からのコメント

お母さん、それは私じゃなくてあなたの息子さんに直接聞いてください。学校でのボンの態度は素晴らしいものです。

はぁ?先生、間違ってるんじゃないですか?ボンですよ。ボン。別の子の評価と間違えてませんか?

と食らいついてしまう疑い深い母親のワタクシ。
先生には受けました。

受けで言っとるんとちゃうわ!

であった。

こんな風に、内と外で違うわけです。

そういえば、去年は先生の放課後ストライキで面談などはなく、ボンはもう高学年なので先生と一度も会ったことがなかったのですが

ある日ぶーちゃんがボンを迎えに行って帰ってくるとぶーちゃんが狂喜しながら

「今日さー、ボンの担任とたまたま駐車場で会ってさぁ」

続く話は以下の通り

今年は面談がなく保護者に会う機会がなかったけども、どうしてもボンの両親と会って話がしたかったそうな。そうして、たまたまボンが乗り込む車をみたので慌ててやってきて「どうしてもご挨拶をしたかった!」と言われたそうです。

そうして5分くらい、先生はいかにボンが頭がよく素晴らしいか、やる気があるか、目標を高く設定してそれに向かうガッツのある理想的な生徒であるかについて熱く語っていたらしい。

ぶーちゃん「な!素晴らしいやろ?え…なんでアンタ眉間にしわ寄せてるの?なんで怖い顔なん?」

ワタクシ「だって…それってホンマにボンのこと?間違ってるんちゃうの?」

ぶーちゃん「だって車の助手席にはボン座ってたよ!間違ってないよ!」

ワタクシ「疑わしい…。めがねの度があってなかったとか?」

ぶーちゃん「だから何度もボンって名前言ってたから!」

ワタクシ「成績のことはおいといて、やる気があってガッツがあって目標設定が高い??…理想的ってそりゃ違うやろ?ありえん。理想的って、あんなのが理想なんておかしすぎる!あんなグータラしてるのにさ!」

これを思い出しました。

ちなみに担任の先生のお子さんは奨学金でハーバード大学に進学しています。

そうして、ここまで褒められたわけなので、さぞや成績はよかろう、もちろん全部 A どころか A+のはずだ!と期待していたら、学年最後に出された通知表(公式だったっけ?非公式だったっけ?忘れた。たしか学年末の成績表は出すように裁判所から命令が出たような…)は

超普通だった。

さすが!褒め文化である、を実感しました。
ガッツがあるだとか、やる気があるだとかしか褒めるところがなかったのよね、きっと。

あーあ、そのやる気を家の中でも発揮していただきたいものだ。


人気ブログランキングこの小話が気に入っていただけたらお願いします!!
author:みん, category:子供の英語・カナダの教育, 15:32
comments(0), trackbacks(0), - -
才能
 食事中に、ぶーちゃんがお皿を取りに席を立った時におじょうがぶーちゃんに

「Can you give me a water,ついでに?」

ぶーちゃん「英語と日本語を混ぜない!どっちかにしなさい。」

と注意されていた。

ここで「お水入れてくれへん?ついでに。」と日本語に直せばいいものを、そのまま

「Can you give me a water..............」

と止まっていた。

そこでボンが

「While you are at it. が、ついでにやろーが。」

と突っ込んでいたんですが

ぶーちゃん、ワタクシ

「ボンってすごいな〜。」

ぶーちゃん「他にも言い方があるけども、なかなかよくできた訳や。子供にしては上出来。やっぱり賢いなぁ。パパの子供やなぁ。これでパパの会社も大丈夫やわ。」

と絶賛していた。

たまにはこれくらいオーバー気味に褒めておかなアカン。

でもぶーちゃんが本気で言っていたらどうしよう。


人気ブログランキングこの小話が気に入っていただけたらお願いします!!
author:みん, category:子供の英語・カナダの教育, 15:14
comments(2), trackbacks(0), - -
学校
 カナダと日本の学校が違うところ

親がボランティアとして学校行事に参加する

ということが大きな点だと思います。もちろん日本でも PTA があるのですが、「今度の遠足で保護者の同伴ボランティア募集中!」というのは聞いたことないわな。

高学年になるとそうでもないんだけど、低学年の時はボランティア募集が多かったような。

子供が小さい時には働いていないお母さんが多いので「別に〜私が行かんでも〜。」のような態度だったワタクシ。

というよりも、毎朝子どもを学校に送りに行った後はジムに行ってるので無理、

という自己中心的な理由なんです。おーほほ。

で、この間はクリスマスカードを書くボランティアの募集があったので気に入ってるジムのクラスがあったのに休んで行ってきた。

そうしておじょうとその友達とテーブルでカードを書いていたら、

サンタの絵を描いて、その上に鳥がいる絵を描いていたおじょうの友達 M が、鳥の絵の吹き出しに

「I'm going to kill you!」

とペンで書いていたので

「ちょっと!kill ってクリスマスにそんな単語使ってはいけません。その kill をkiss に変えなさい!ほら、そうしたらノープロブレムでしょうが!」

とガミガミ怒っていたら、

周りのお母さんに受けた。

カナダ人の笑いの沸点は低いのか

それとも

ワタクシの発言が間違いだらけの変な英語だったのかもしれない。

どーでもえーわ。


人気ブログランキングこの小話が気に入っていただけたらお願いします!!
author:みん, category:子供の英語・カナダの教育, 11:15
comments(0), trackbacks(0), - -
味噌汁
学校に毎日味噌汁を持って行っているボン。

今年の3月くらいから味噌作りを始めたので、やはり手作り味噌はおいしいのか「味噌汁おいしい!」と喜んでいます。

で、この間ボンがぶーちゃんに(英語)

「味噌は腐ってるんやろ?」

と聞いていました。

「腐ってるというか、発酵させてるねん。納豆は納豆菌を繁殖させていて腐らせるわけ。それが発酵ということかな。味噌とかしょうゆは麹菌を使って発酵させてるねん。チーズとかヨーグルトも同じ原理で菌を発酵させてるねん。

まぁそれは簡単にいうと腐らせてるってことなんやけどな」

と説明していました。

そこでボンは ferment(発酵させる)という単語を覚えたわけです。

そうして今日、学校から帰ってきたボン

「はーははは、今日はクラスの子に味噌汁は腐ってるなのなんなの言われたから

お前なんも知らんのか?お前の今食ってるチーズだって発酵食品やから腐ってんのじゃ〜!人の弁当に文句つけるならこれから一生チーズ食うな!腐ったもんは食べへんのやろ?

って言って黙らせたったわ。

そうしたら発酵って単語知らんかったわ。しゃーないから説明したったわ。

ひーひひひ」

気持ちは良くわかるが、ちょっと攻撃的で性格悪くないか?

ナヨナヨと悩むよりも、ま、えっか。


人気ブログランキングこの小話が気に入っていただけたらお願いします!!
author:みん, category:子供の英語・カナダの教育, 14:18
comments(4), trackbacks(0), - -
林間学校?
新学期開始は1月4日だった子供たち。

正月気分も何もないわな〜。

ボンの学年はいきなり1月4日から3泊4日のキャンプに行きました。←フレンチイマージョンだけ。

フレンチイマージョンに通い始めて4ヶ月。フランス語が話せる友人にボンの宿題を見せたら

「うわ〜。フランス語を初めて4ヶ月やのに、結構難しいことやってるよ。」

だって。へぇ〜そうですか。

最近は1人でぶつぶつフランス語でつぶやいています。この間は、フランス人(おじょうの友達のおばあちゃん)とフランス語で話していて、そのおばあちゃんに「ボンはフランス語が上手よ。」と褒められ、ワタクシ大感動しました。←親ばか。

そんなことはさておき、

一人っ子、それも女の子が残った我が家ですが

あ〜、なんて平和なんかしら。

やっぱりボンは手がかかるわ。

3泊4日といわず、1年くらいどっかいってくれ、

と思ってしまった鬼のような母と妹(おじょう)。

先ほど家に帰ってきたのですが、今朝も

おじょう「あぁ、今日はボンが帰ってくんのか。12月に帰ってきたらいいのに。」とがっかり気味。なぜ12月なのかというと、おじょうの誕生日が12月なのでボンがいるとプレゼントが増えるためらしい。これも強烈でしょうか…?

ボンは家に入ってくるなり

「ママ!足がびしょぬれやねん。足が冷たくて痛いわ!」発言そのまんま。いきなりその大阪弁は何や?と母は思った。

ふ…、またうるさいのが帰ってきたわ。

キャンプの話を聞いていると、数人
友達(男の子)はホームシックで泣いていたそうで…。小学校5年生の男の子で泣くもんなんでしょうかね。恋しくて泣くほど家で大事に育てられてるんやろな。我が家と大違いや。

で、ボンに「あんたは?あんたは家に帰りたいと思わんかったん?」と聞くと

「えっと、ご飯が食べたことのないもんばっかりやったから、ご飯のときだけ家に帰って食べたかった!」

そうきたか…。

つかの間の静かな家での時間だった。

人気ブログランキングこの小話が気に入っていただけたらお願いします!!
author:みん, category:子供の英語・カナダの教育, 09:59
comments(0), trackbacks(0), - -
ちょっと違う
本日の夕飯後のお話。

ぶーちゃんがまたまた甘いものを食べだしました。

まぁ最近はあまり食後のデザートは食べてないし、少しくらいは…と大目に見ていたら

止まらんがな。

注意しようとしたら、先にボンが

「おら〜もういい加減に止めよ!この太りモノ!」(原文そのまんま)

太りモノってナーニ?

ついつい、ボンに

「この場合は、このブタが!とか、このデブデブが〜!っていうのが正解かも。でも太りモノって自分で考えたんやな。えらいな〜。」

と教えておいた。

やっぱり我が家は、下品?


人気ブログランキングこ の小話が気に入っていただけたらお願いします!!

author:みん, category:子供の英語・カナダの教育, 15:12
comments(0), trackbacks(0), - -
ナビゲート
この間、某所にお呼ばれされて子供2人と遠出したワタクシ。

行き方を前もって調べ、印刷したものをボンに渡し、ナビさせました。
子供が文字を読めるようになるとこういったことができるから便利!
高速をおり、住宅街へと入っていきました。

ワタクシ「次はどこの通りで曲がるの?」

ボン「次のリップル(通り)で左。」

ワタクシ「リップルって Ripple かLipple のどっち?左は turn left か?ちゃんと右と左分ってる?

ちゅうかよ〜、ややこしくなるから英語しゃべって!
あんたあんまり右左分ってないし。」

ボン「だからリップルは Ripple。左はleftやんか。」

ワタクシ「Turn left on Ripple, right?」

ボン「そうそう。」

ワタクシ「Then next? ちょっと!何でママが英語でしゃべってアンタが日本語やねん!そりゃおかしいやろ?」

というやり取りをしながら、目的地に到着。

日本語を話せと言われたり、英語を話せといわれたり、なかなか大変な我が子じゃ。

そのまま英語の通りの名前を日本語発音で言えるのはそれはそれでいいんだけど

ややこしいこともあるねんな。


人気ブログランキングこ の小話が気に入っていただけたらお願いします!!
author:みん, category:子供の英語・カナダの教育, 15:32
comments(2), trackbacks(0), - -