RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
秋の味覚
この間リッチモンドに行った時にスティーブストンで魚を買いました。

去年も買った冷凍マグロと冷凍筋子、レッドスナッパーを買いました。

今年は筋子が少ないらしくて、ワタクシたちが到着したころにはすでに売り切れ。

トホホ…と思っていると冷凍マグロを売っている船で筋子を見たので

「どーしてもいくらが食べたい!」

とあせってよく見ずに買ってしまいました。

これが失敗で、

失敗というか、まだまだ卵の小さい筋子で、

ほぐしてみたけども全然ダメ。

そういうわけで

1キロを3日で完食してやったわ!

そうして、山からの秋の味覚、マツタケですが。

このごろ毎日マツタケご飯です。

ボンは「マツタケっておいしいな〜。毎日食べてもあきへんわ〜」とバクバク食べているんですが

おじょうは「マツタケは堅いからイヤ!」

どっちの態度も

子供の分際で生意気じゃ!

冷蔵庫からマツタケがなくなると、こんなにいつも食べているのに気が急いてしまうのはなぜかしら〜。

去年はいつも山をさまよっても見つけられませんでしたが、今年はコツをつかんだので見つけております。

今日もぶーちゃんと二人で山へマツタケ狩りへと。

やっぱりマツタケは平日に取りに行くに限ります。←この不況で仕事が暇でやることがない我ら夫婦。

で、最初にぶーちゃんが4本ほど見つけてプラスチック袋に入れました。

そうしてしばらくしてまた見つけたのでプラスチック袋に入れようとしたら

アンタさ、袋に穴が開いてるやん?どーゆーこと?


と言うと

「う〜ん、これは最初から穴が開いていたと思う。」

と言い出したぶーちゃん。

いや、絶対違う。だってワタクシ、10分前にぶーちゃんの後を歩いていて

「あ〜マツタケのにおいがするな〜。」

と思いながら付いていってたし。

この人、注意散漫なところがあるから、きっと木の枝に袋が引っかかってそうして穴が開いてマツタケが落ちたのに気がつかんかっただけちゃうんか?

と思ったけどね

なくしたものをぎゃーぎゃー言っても仕方ないんので気を取り直して続行。

そうすると悟りを開くぶーちゃん

「こういうこと(マツタケを落としたこと)は、`おきて当然のことで、そうして何かが待ち構えているんだ。何かの前触れだ`っていうように発想の転換が必要や。」

もー、ええってば。

最初は「落としたマツタケを帰り道で探して拾う!」と言ってたんですが、そんなんせんでももういいか〜というくらい収穫がありすっかり落し物については忘れていたワタクシたち。もうすぐで出口というところで

ぶーちゃん「あ、あれはマツタケじゃない?いっぱいあるで!」

とはしゃいでたんですが

それはアンタの落としたマツタケですから。

老人と一緒に行動しているみたいだ。

人気ブログランキングこの小話が気に入っていただけたらお願いします!!
-----
author:みん, category:お食事・グルメ, 09:34
comments(0), trackbacks(0), - -
ラーメン
ramen.jpg


先日生めんを買う機会があったのでラーメンを買ってみました。

手作り麺なんですよ。

張り切ってチャーシューまで作り、食べました。

おいしかった〜。

日本に住んでいたら家でチャーシューまで焼いてラーメン食べへんわ。←めんどくさがり。

具の飾り方が「みんさんっぽい」と思った方!

やっぱりそうでしょ?乗せてまえ〜という性格がよく出てるってことで。おーほほ。

人気ブログランキングこの小話が気に入っていただけたらお願いします!!
-----
author:みん, category:お食事・グルメ, 13:31
comments(0), trackbacks(0), - -
ラーメン屋
先日スティーブストンに行ったんですが、昼間は魚を買い、ぶーちゃんは念願のフードシーラーをかいました。

フードシーラーって日本でもテレショップなんかで売ってるんですかね?

空気を抜いて密封する機械です。

ぶーちゃんはずっとシーラーが欲しい欲しい、といってたんですが、高いからダメ!と却下し続けておりました。

そうしたら

「今日は魚を買いに行くから、そうしたら冷蔵保存するために絶対にシーラーが必要になる。」

と息を荒くしてまして

そんなに欲しいかよ。
あんたは主婦ですか?

そういうわけで許可。

でももしかして、シーラーを買うためにスティーブストンに行こう(=生ものを買う)としつこくいっていたのかも知れぬ。策略にはまったのだろうか・・・。

本屋に寄ったり、家具屋に寄ったりして久々の都会生活を満喫し、最後はラーメンを食べることに。

Chatさんが前に言ってたラーメン屋に行くことしたんですが、詳しく店の場所を調べもせずに決めたので

店とは逆方向に歩いてたんですね。

子供は

「腹減った〜、腹減った〜!」

と泣き叫んでました。でも、ダウンタウンは若者が多いので子供が泣いてようと皆さん無関心。冷たい目で見られながら「Poor kids!」と言われるよりマシです。←経験者。

泣き叫ぶ子供を連れてラーメン屋に入りました。店に入ると

「ラーメン!いえーい!」

とおとなしくなる子供たち。

お店はすいていたのですぐにラーメンが到着。

味の素などの化学調味料を一切使ってないラーメンなんですが、ぶーちゃんが一口食べたとたん

「これって、味の素がはいってないよな。すぐに分かるわ。」

と言ってました。確かにね〜。味の素の味に慣れている人にはちょっともの足りない味かも?

で、お会計を済ませて店を出たんだけど

よくよく金額を思い出すと

25ドル

だったんだよね〜。

ラーメン3杯、キムチ、餃子2皿で、

25ドルはありえなくない??

でも店を出てしまったし、ま、えっかと思ったんだけど

ぶーちゃんに

「もしかしたら伝票を間違ったのかもよ。これからも行くかも知れんし、黙ってるのは良くない。」

ということで店に戻ったんです。

「先ほどのお会計安すぎませんか?」

と。

そうすると

「そうですかね?」

と言われたんですが、やっぱり間違って別のテーブルの伝票を渡してたんですわ。

そういうわけで、きちんと料金を払いました。もちろんお店の人には感謝されました。

店を出るとぶーちゃん

「カナダってさ、確かお店が値段を打ち間違えてすぐ気が付いた場合は別やけど、あれくらい時間が経ってからお客から過小請求の自己申告したら、お金払う必要なかったんちゃうかったっけ??

別のラーメン屋とかお会計のトレーに”サービス料は含まれていません”って日本語でわざわざ書いてカナダ式にチップ取るのに

こういうのは日本式のままやねんな。店長が出てきてお礼を言われてもええと思うけど。

だいたいカナダでこんなんわざわざ店にいいに行くいいお客なんておらんで。

と言ってました。そうですかね。店側が間違って実際の価格よりも低い値段のままで商品を陳列していた場合は、その提示価格(安い方)で売らなければならない、というのは知ってるけど。←これは日本ではありえない話だけど。

とりあえず食べた分はきちんと払いました、ということで。

____________________________
今日の夕飯は、鮭の水炊きとネギトロ丼(またかい!)でした。前回は子供がいない間の昼ごはんだったのでネギトロ丼を今回はじめて食べたボン

「ママ〜!こんなおいしいマグロは食べたことないで〜!むちゃうま〜!」

と大感激していました。やっぱりボンは味が分るな〜。
おじょうには「いらん」と拒否されました。

人気ブログランキングこの小話が気に入っていただけたらお願いします!!
author:みん, category:お食事・グルメ, 05:44
comments(2), trackbacks(0), - -
食の秋
カナダ西海岸のこのあたりの地域はそろそろ雨季に入ろうかとしてるんですが、

最近は3日雨、2日晴れ、といった天気でして

なんだかうれしい。カナダに来てこんなに晴れの日の多い秋は初めてのような気が…。

そうして、ただ今日本食フィーバーしている我が家。

魚料理を食べられたら

「今日はすっごくおいしかったよ〜。うれし〜!」

と大満足してくれる単純な舌を持った我が家の人々。

sashimi.jpg


この間は、エンジェルシーフードで買ったマグロとはまちで刺身ご飯。

そうして、今週は友達に触発されて、スティーブストンに魚を買いに行ってきました。

amaebi.jpg


甘エビ、3パウントで10ドル。ボンとぶーちゃんは大好きなんですが、おじょうは口に入れてから

「ぐえ〜!」

と吐いていた。「ホンマ、かわいそうな北米人やな〜」と、ボンがコメント。

salmon.jpg


サーモン15ドル

tuna.jpg


マグロ33ドル。

甘エビは殻をはずし、頭は冷凍してこれから味噌汁の出しに使うことにしました。

サーモンは、頭が落としてあるやつだし、さばいたことがあるのでなんとか終え

初挑戦のマグロ。

このマグロは血抜き処理済の刺身に出来るものなんです。

頭がついてますな。これも何とか終えました。

そうしてその日の昼ごはんは

negitoro.jpg


ネギトロ丼(もどき)

うめ〜!店で食べるのとぜんぜん違う〜!

マグロの皮をはがす時に、その皮の裏にくっついてた身をスプーンでとったりした余りもんの身なのに〜!

まぁよく考えると、日本に住んでいたらこんな大きな魚をおろすなんて絶対にしなかったことでしょう。

エエことなんか悪いことなんか。

人気ブログランキングこの小話が気に入っていただけたらお願いします!!
author:みん, category:お食事・グルメ, 05:21
comments(4), trackbacks(0), - -