RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
ダジャレ
また日にちが空いてしまいましたが
その間にまたユーザー名とパスワードを忘れてしまっていた…。
この年齢を重ねるごとに衰える記憶力、なんとかなりませんかね?
昔は、自慢じゃないけども「超」が付くほど記憶力が良かったのでかなりショック。昔覚えたことは今でもだいたいは覚えているんですが、日々この能力の低下を感じています。

そんなことはさておき、この間おじょうが

「ママ!このジョーク分かる?」

はぁ?

「What do you call a bear without an ear?」

それは簡単、蜂(ビー: bee)やろ?bear から ear を引いて「B」になるから。

「アハ。そうそう。じゃあこれは?There are three types of people in the world. Type 1: people who can count. Type 2: people who can't count!…面白いやろ!?ガハハハ」

なんかバカ受けしてますねん。
何が面白いんですか?

で、3つ目のタイプの人はどんな人なんですか?

「だーかーらー、3人目は私やんか!There are three types of people in the world. Type 1: people who can count. Type 2: people who can't count!やんか!わははははー」

さっぱりわからん。どういことなんですか?

と説明してもらうと。

私(出題者)は数字を数えられないので、世の中では数字を数えられるか、数えられないかという2タイプの人間しかいないのに、3タイプあると主張している。おっかしいでしょ?ということらしい。

だから世の中にはその2つの種類しかおらんやろ?ま、数えるのが苦手な人を別の枠にぶち込むと3つになるけど、ここではそうじゃないし。

というよくわからないジョークだった。
全然面白くないんですけど。
何?英語圏の人しか面白くない?

昔懐かし「藤崎マーケット」のララライ体操を見て爆笑しているワタクシを見て、素の顔のぶーちゃんに「面白くないの?」と聞いたらぶーちゃんが「なかなか良いリズム感だと思うよ」と普通に返事してたのと同じなのかも。

そんな話をボンにしていたら、ママ、これ分かる?と書き出したのが以下のもの。

 
 










こんなのカンタン。Fe は鉄(iron)だから

Iron in E で Irony(皮肉)やろ?というと

ボン「そうやねんけど、これはジョークやから綴りは Ironineeeeじゃなくて発音で書くと Irinee や!」

とか、覚えてないんですが(パスワード忘れたのでだいぶ前の話のため、トホ)、とりあえずワタクシとボンで揉めていたら

おじょう「二人とも分かったからさ!とにかくこういうことやろ!」

と提示したのが下記のイラストだった。





笑うしかないわな…。
素晴らしい仲介役の娘がいて幸せだと思う。


人気ブログランキングこの小話が気に入っていただけたらお願いします!!
 
author:みん, category:子供の英語・カナダの教育, 03:53
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 03:53
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://imonroom.jugem.jp/trackback/994